买足球的软件_足球竞彩app哪个靠谱_网上哪个平台可以买竞彩

图片

买足球的软件

大学からのお知らせ

本学大学院生が物質?デバイス領域共同研究拠点卓越学生研究員に認定

 本学大学院生の土屋千拡さん(博士前期課程 工学専攻 応用化学プログラム1年、指導教員:柴田浩行教授)が、2024年度の物質?デバイス領域共同研究拠点卓越学生研究員に認定されました。

 物質?デバイス領域共同研究拠点は、文部科学省全国共同利用?共同研究拠点制度により認定された大阪大学産業技術研究所を中心とする拠点ネットワークで、活動の一環として次世代を担う大学院生等が主体となって先駆的かつ挑戦的な研究を実施できるよう支援する「次世代若手共同研究」を募集しており、土屋さんの応募した「窒化モリブデン超伝導ナノ細線クライオトロンの作製」という課題が採択されました。

 本研究は、新たな超伝導3端子デバイスとして近年研究が進展しているナノ細線クライオトロンの開発において、超伝導材料に窒化モリブデンを用いたクライオトロンを初めて実現する提案で、基礎的知見に基づく優れた提案であると判断された結果、拠点卓越学生研究員に認定されました。


拠点卓越学生研究員に認定された土屋さん 認定書

? 前のページに戻る